新潟大人の火遊び風俗情報 > セフレを紹介

私のセフレを紹介します

じつは私には、半年前にハピメで知り合り、それからずっとセフレ関係をつづけている女子がいます。

今年25才のOLさんで、とっても魅力的な女性です。

みなさんの中には、セフレという関係に憧れを抱いている方も少なくないと思います。ですが、実際その関係を維持するのはなかなかたいへんです。

セフレの写真

セフレという定義上、「お互いに恋愛感情はなく、なんの束縛もせず、でもセックスすることだけは好きな友達同士」ということになりますよね。でも、人の気持ちというのはそう都合よく割り切れるもんじゃありません。とくに一度でもセックスした相手には、こっちだってなにかしら特別な感情が芽生えてしまいます。

たとえば二回続けて私の誘いを断れたりすると、「もしかして、別のセフレができたのかな」と焦りまくり、実際に次に彼女と会えるまではなにも手につきません。

会ったら会ったで、彼女が別の男と電話をしているのに気づき、疑心暗鬼と嫉妬で気が狂いそうになります。

これはもうある種の「恋」ですよね。でも、そんな素振りをみせたら彼女はもう私と会ってくれなくなります。

つまり、私が彼女と関係を続けるには、全力で自分の気持ちを抑制していなきゃならないわけです。

正直、精神的にたいへんきついものがあります。

出会いの写真

みなさんの多くは、セフレを「面倒なことを抜きにしてセックスだけを楽しめる都合のいい女子」と考えているかもしれません。

しかし、裏を返すと我々には「セックス以外に繋ぎとめるものがなにもない」ともいえるわけです。

と、どうなるかというと、私の方が「過剰にエネルギーをセックスに注入する」ことになります。なにしろ私にできることは「セックスしかない」わけですから、そのセックスで相手をとことん歓ばせていないと、振られてしまうような気がしてくるわけです。

これが続くと、男は徐々に奴隷化し、女は増長してきます。

女の画像

「ねえ、今日は最低でも5回はいかせてよね」

最近では、ラブホに入ると彼女がこともなげにそういってきます。

「この間、クラブでナンパされた男とホテルいったんだけどさあ。その人、すっごいオチンチン大きくって、フェラするのきつかったあ」

私が傷つくことを承知でこんなこともいってきます。

「舐めるときはクリトリスに集中しないで。痛くなっちゃうから。全体的に、もっと緩急つけて舌を使って欲しいんだよね」

私は舌が痺れるくらい舐めさせられ、指示され、ときには叱られます。

これで「友達」っていえるのでしょうか?

私たちはいまや友達ですらありません。私は彼女のセックス奴隷であり、しもべです。

それなのにいつも彼女と会えることを待ち望んでいるのです。

>> 最近の大人の交際体験記(三条の人妻さんと不倫体験)

新潟の女が集まるサイトです


出会い系上記のサイトはLINEのIDを交換してくれる女性が増えてきた感じで、かなり会えます。
新潟の女性会員も多くサクラがいない点、素人ばかりなので援交も多いのですが、主婦狙いならタダマンで会える主婦もいます。